フレームワーク

【DL可】サービス企画のプロが解説!「ファイブフォース分析」の活用事例とテンプレートを公開します

ファイブフォース分析の事例フレームワーク
スポンサーリンク

1.ファイブフォース(5F)分析とは

ファイブフォース(5F)分析とは、競合・業界全体の状況と収益構造を明らかにし、自社の収益性を分析するためのフレームワークです。新製品開発や新規参入事業を検討する際の企画書、顧客に対するアプローチの検討等にも利用できるフレームワークであるため、活用事例と共にこのフレームワークを解説させていただきます。なお、本記事で利用しているスライドはテンプレートとしてダウンロードできますのでぜひ活用下さい。

2.ファイブフォース分析における「5つの脅威」

ファイブフォース分析では、収益に影響のある要素として「5つの脅威」が定義されています。

買い手の交渉力(Buyer)

買い手とは、自社の製品やサービスを買ってくれる顧客のことです。提供先の相手の交渉力が強いと、低い価格で提供することになり自社の収益性が下がります。提供する製品の差別化ができていない場合や、購買力の大きな法人企業の場合では交渉力が強くなりやすくなります。

売り手の交渉力(Seller)

売り手とは、製品を作る際に必要な原材料などの供給業者のことです。業界での業者数が少ない、売り手が独占技術を持っているなど、売り手の交渉力が強い場合は、価格が高くても買わざるを得なくなるため収益性は低下します。

新規参入の脅威(New Entry)

同業界や市場に新規企業が参入してくると、自社のシェアが奪われる可能性があります。特に簡単に参入しやすい業界の場合は、新規参入企業の脅威が大きくなります。

代替事業者の脅威(Replacement)

従来品に替わる新製品やサービスの登場は企業にとっての脅威になります。カセットテープからCDに代わり、現在はスマートフォンに置き換わったような例などをイメージいただくとわかりやすいかと思います。このように、代替品が台頭してくれば業界の収益性は低下してしまいます。

既存業界内の競争(Conflict)

競争企業間の敵対関係には、同業他社が多く存在しているかや、差別化しにくい業界かなどが要素として挙げられます。これらの要素が強いほど、過当競争が起こりやすく収益性が下がります。

3.ファイブフォース分析の事例とテンプレート

提案書での活用をイメージしながら、食品スーパーを例に取り上げてファイブフォース分析を資料化した事例を紹介いたします。ここで紹介させていただく事例はテンプレートとして、パワーポイント形式にてファイルを公開しますので、ぜひ活用ください。

以下の事例では「食品スーパー」を取り上げて資料サンプルを作成しています。

シンプルな分析とメッセージ

シンプルなファイブフォース分析の図

分析した結果に対して、シンプルなメッセージを訴求する場合のスライド案です。余白が多く取られているため、「5つの脅威」の分析内容を厚くしたい場合にも、ボックスを広げてご利用いただけます。環境分析の内容のポイントとしては、代替事業者にAMAZONやUberなどの新興サービスを設定しています。これは、本資料をつかって議論をする際に本業に近しいプレイヤーに関する議論以外にも、世の中の新たなビジネスモデルやプレーヤーに関する議題ができたり、思わぬアイデアが出ることを狙っています。

吹き出しを使って特定の脅威にフォーカス

吹き出しを使ったファイブフォース分析の図

吹き出しを使い、分析した結果のうち特定の脅威にフォーカスしてメッセージを訴求する場合のスライド案です。事例では、代替事業者と売り手に関して、それぞれ1つずつメッセージを強調して伝えられるような構成にしています。この例では、売り手の脅威として「D2C加速」を設定・強調しています。本スライドは「ネット領域を推進すべし」というメッセージを読み手に対して発信していますが、D2Cという論点を強調することで一番言いたいメッセージへの流れをつくっています。

特定の脅威と1つのメッセージ

メッセージを追加したファイブフォース分析の図

特定の脅威にフォーカスしつつ、それらの分析から1つのメッセージを表現したスライド案です。特定の脅威に関する論点を示しつつ、ヘッドメッセージ部分で1番訴求したい内容を示せるので、ポイントを絞って分析結果に対する考えを案内したい場合に向いているスライドかなと思います。このスライドでは、「PB商品」や「商品開発の必要性」を強調することで、店舗運営をしているからこそ拾える「顧客の声」を活かしながら商品開発し、その商品開発力を武器にネット領域へ打って出てはいかがでしょうか?といった流れを作っています。

複数の脅威から考察を示す

複数のメッセージを伝えるファイブフォースの図

2つの脅威に対する共通的な対策や方向性を伝えることができるスライド案です。事例では「新規参入&売り手」、「代替事業者&買い手」の組み合わせでそれぞれ考察したメッセージを表現しています。分析した結果、複合的な要素が絡み合っていたような場合に、どの要素が関連しているのかを表現する場合等でご利用ください。子のスライドでは、読み手にメッセージを伝えるというより、議論になるように吹き出しをつけています。説明の際もこちらの考えを押し付けるというより、「こういう論点もあるがどう考えていますか」といった形で資料をベースに質問を投げかけるような場合に、こんなテイストの資料を準備いただけるとよいと思います。

4.ダウンロード

今回紹介させていただいたスライドは以下からダウンロードしてご利用ください。社内利用の企画書、顧客向けの提案書等に個人・商用目的ともに無料でご利用いただけます。また、カスタマイズもご自由にいただけます。

おわりに

ファイブフォース分析の活用イメージはわきましたでしょうか。特に新しい企画や新たな切り口で提案する際、冒頭のスライドでこのようなフレームワークを使うことで資料全体の説得力が高まるため1度利用してみていただければと思います。

コメント